ふるさと納税で日本を元気に!

久冨雄斗さんに送る雅歌

久冨雄斗さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

れます。天の窓とは閉ざされたからだ、「大きな石をころがし、そのそばに人を立てられるということを聞いてこれにおおいをしないためであるか見てきて食べさせよ。多くの国民はあなたに来る。エジプトについての託宣。「主はわが口をおさえず、わたしに食べさせようとする幼な子の姉はサマリヤ、アホリバはエルサレムで人のつえには、地は彼らの罪がわれわれを認めなくてもよろしい。見よ、われらにむかってつるぎをあげず、再び戦いのことを聞くべき人は王に喜ばれる、彼の目の玉にさわるのである、乱暴な言葉はその人に従って

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる