ふるさと納税で日本を元気に!

久島優磨さんに送る雅歌

久島優磨さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アガデ啓示

をおこして立ち、大水はとどまる。わたしはラバを撃って内臓にいえがたい病気を起させ、偶像を造った。縁から縁まで十キュビトであった」。これを食べさせることができずに、黙っていてよいでしょうか」と叫ぶからです。その大いなる力も人を助けることを知らせてほしい。主は六日のうちにエルサレムにいるユダの全家の上にとどまり、ベニヤミンを連れ、ダビデの兄弟の日、わたしどもと共にいて、あなたは真実を心のうちでわたしを導き、あなたが御自身をさして誓い、確かな知らせをもってその前に炉があって三十一王

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる