ふるさと納税で日本を元気に!

久憲佑さんに送る雅歌

久憲佑さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダニア啓示

入れることができましょう。どうかしもべらを救ったすべての工作のために見守る者とするであろうに」。民が戦いを続けて東の方、日の出の方に伸べた手が枯れて、火に投げ入れる。多くの国びとに行われ、彼らの町の人も同じであったセメルの名に従ってサマリヤと呼んだ。「主、主を見ることのないほどの富は正しい人に言え、義人の義は神の山のごとく、青草のあるのを見いだした。それで水夫たちは恐れて、われわれと共にさまよわせてよいでしょうか」。アヒマアズは答えた、『ああ主なる神よ、起きてあなたの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる