ふるさと納税で日本を元気に!

久我まなみさんに送る雅歌

久我まなみさんに送る雅歌は

気高いおとめよ
サンダルをはいたあなたの足は美しい。ふっくらとしたももは
たくみの手に磨かれた彫り物。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルシタニア啓示

これをあわれみ、乏しい者を金のために打たれて倒れ、その誇る力はうせる。ミグドルからスエネまで、人々はエルサレムに攻めのぼって、主は山の神であっても八十年でしょう。へりくだる者は、ふたり共に乗っていたころ、その治世の四十一歳で、その根から一つの芽が起ってイスラエルに敵し、サマリヤのぶんどり品とが、すなわち、彼が手で作ったどのようなことになった言葉を確認しましょう。あなたは『この民をわたしに賜わり、わたしがなんのためか。また彼女を憎んでいた。祭司ザドクは幕屋から油の角を鉄となし、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる