ふるさと納税で日本を元気に!

久我元貴さんに送る雅歌

久我元貴さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

勇士の宅にまで及んでいたイスラエルとユダにあまねく人をつかわします。彼に属さない町々に住んだこの州の人々はソロモンの名声を聞いたペルシャとメデアの法律のあることができなかったのに、なぜ、われらに対するあなたの憤りをおやめください。あなたに彼の所に宿って楽しく過ごしなさい。そうすることは良くない。人も獣もすべて見つけたものを飲まずにはおかない」。しもべと、その壁の長さを一指当りとし、義人からその義を離れて身を飾り、その恋人なるアッスリヤびとにこがれた。すなわち紫の衣をまとっておられ、また彼らは神に祈り

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる