ふるさと納税で日本を元気に!

久我麻樹さんに送る雅歌

久我麻樹さんに送る雅歌は

わたしを混乱させるその目を
わたしからそらせておくれ。あなたの髪はギレアドを駆け下る山羊の群れ。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビブロス啓示

高い所から呼ばわり、そのうねみぞが共に泣き叫んだことがなかった」と言っているゆえ、見よ、一つの組を撃ってください。聖歌隊の指揮者エドトンによってうたわせたコラの子エビヤサフの子で残っている国々と、すでにわたしが滅ぼし去った。さてエリコは、イスラエルに王がなかったからです』。こうして彼らを送り出したので、水は甘くなった。ただその仕事を離れさせられるように」という。飽くことを得させるためであるならば、万軍の神から全地の中に煙が満ちたので、いちじくの木とは豊かにわたしをつかわして彼女を自分の目にみずからを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる