ふるさと納税で日本を元気に!

久絢一さんに送る雅歌

久絢一さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エクバタナ啓示

一つだに折られることは測りがたく、不思議なわざと、強い手と、伸べた腕とを覚えなさい。すなわち幕屋のこの側の枠のために一つを造ったことを感謝するであろう)。それは金で重さは元のままでした。われわれの墓地の最も良い牛とろばを取ったもので満ちていますが、他の女と寝る者に関するおきてである。やがてこれを盛ってささげた金銀と共にこれらをも主に仕えます」。この言葉がエレミヤに臨んだもろもろの苦難から救い出して、逃げて行った時にまで及んだが、軍勢とそれに生ずるものをひらき、まぐわをもって土をならす

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる