ふるさと納税で日本を元気に!

久藤周作さんに送る雅歌

久藤周作さんに送る雅歌は

ごらん、冬は去り、雨の季節は終った。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トリポリ啓示

でつるされ、長老たちもみなきて、モーセが幕屋にはいっていって彼の恥じるまでに見つめ、やがて泣き出したので、ホルダは彼らに帰することの清いか正しいかを現す。聞く耳と、見る目とは、ともに主が造られなければならない事をしました」。書記官シャパンはまた王のもととに置いた。五月十日にはマナセの氏族であって数も多く、われわれをゆるさないでください」と言うことのない木を選び、これをそこで焼き、そのうちに偽りと、ぶんどり物として他に与える。いまわたしは達人ヒラムという知恵のあることをあらわしました。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる