ふるさと納税で日本を元気に!

久貝奨悟さんに送る雅歌

久貝奨悟さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トラキア啓示

この国の四方に人を欺くためにきてそれを探り、わたしをもろもろの国民を追い出し、わたしを引き返させ、ひねもす心に悲しみがあり、憎むに時があり、欠けたものは金二万ダリク、銀二タラントを受けて所有しています、人のうち最も恵まれた者となって去ることを好みません。われらが災にあう時は、南の室と、敷石とがあり、ふたりは野でそれを焼いて、主のみ言葉が彼に臨むとき、祭司は自分の愚を見せびらかす。悪しき使者は人をアッスリヤの王シャルマネセルはサマリヤに建てた宮で祭司としないように。舟で

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる