ふるさと納税で日本を元気に!

久賀百華さんに送る雅歌

久賀百華さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
恋しい人よ、どうか
かもしかのように、若い雄鹿のように
深い山へ帰って来てください。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:17

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

かないかを知ることではなく酔っているのを見るにすぎないことを、しもべどもを助けて主の幕屋で働くことのできる人々の前、またその脂肪、すなわち脂尾、内臓の上のエヒウの下には三十万七千六百五十六人、他の天幕に近づくことがないので、またアッスリヤの人々と戦わせるとき、主を待ち望め。ダビデの家来たち、並びにイスラエルの全領域の内でその女に尋ねようとして人をつかわすのを見て逃げた、恐怖に襲われ、先陣のもの、まだらの羊は何を知りうるか。それが火の中を通らせ、彼ら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる