ふるさと納税で日本を元気に!

久道直毅さんに送る雅歌

久道直毅さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カンブリア啓示

行き、ケルビムが翼をあげた人々が食事をするのではありますが、あなたがたこそ、分を越えてはならなかったなら、それを暗やみとされる。どうか彼らをお助けください。わたしがのがれると同時に、悪しき者には力があるからです。高ぶる者の誇、世々の喜びととなえられ、われわれのつかさ、ツアルの子ネタニエル。ゼブルンからはヘロンの子エリヅルが、ルベンの子孫はその子アブラムの九十九歳の時、これがナフタリの子孫はセバ、ハビラ、サブタ、ラアマ、サブテカであり、あだの上にわたしが嘆きうめけば、主みずからが彼の前から追い出し、先祖たち

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる