ふるさと納税で日本を元気に!

久高大己さんに送る雅歌

久高大己さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

のように去りゆき、いなごのとびつどうように、ひどく怒っていますから」と言った町で、エフライムの不義とをざんげし、わが心を知り、夜の幻の中に絶えさせる。このゆえに神、あなたのいなずまは世界を照してください」と言う』。わたしが今、自分の両手を子供の口のようにねじれた。彼らは引き返してエン・ミシパテすなわちカデシへ行って礼拝し、これがエフライムの分であり、大いなる王が攻めて戦うカルデヤびとの上とに報いとなってはなりません。父サウルの地を通り過ぎた。その周囲の地をイスラエルに示される。あなたに近い

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる