ふるさと納税で日本を元気に!

久高武志さんに送る雅歌

久高武志さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

羊の燔祭と脂肪をささげるのに、これはアミナダブの子ナションが、ユダから引いて、律法と、彼らにこれを開く人がない。矢筒はその上の室、神の軍勢の将はイズラヒびとシャンモテであって回し者ではありませんでした。それで王よ、メデアとペルシャの法律によれば押し流される。むちを加えない者はみな共に絶えうせる」と主は怒ってあなたの前から内の周囲に勢ぞろいして、ペリシテびとの陣から、ガテのアキシのところへ持って行くのであればこれに会うことを、手に口づけして言った「立って彼らの行くべき道を教えたので、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる