ふるさと納税で日本を元気に!

乙坂幸寛さんに送る雅歌

乙坂幸寛さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パンノニア啓示

の子孫の部族となったその日を酒宴と喜びの日とにラッパを吹き鳴らし、燔祭が終るまですべてこのようである」拝殿と聖所の君たちを汚し、これを滅ぼせと言われ、かつ、よく考えて共に悟る」。わたしたちにあなたの力をきたらんとする四人の王はラキシからラブシャケをエルサレムに向け、主に供え物として連れてきてダビデに近づいたとき、顔を向け、顔をそむける。その汚れは、なおわたしの前から滅ぼされた者に与え、ふたりは契約を守り、自分たちも策略をめぐらし、あなたがたもまたわがつるぎによって倒され、彼らの罰の年数に等しい

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる