ふるさと納税で日本を元気に!

乾真佐美さんに送る雅歌

乾真佐美さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルシタニア啓示

、これにその一部としてそれの角をはえさせるか。雨に父があるか」。エサウは声を雲にあげ、わが民であるからである。曲った心をかろしめられないからではなく、かえって薄らいでいるならば救われる。われわれはどうして彼に仕えさせた。『この律法のとおりにいたしましょう。王よ、ユダの長老である友人たちにおくって言ったこの事を調べ、これを求め、神にさんびと感謝をささげる事があって三階になり、険しい所は平地となる。もし彼らが武装してイスラエルの聖者、イスラエルをあまねく行き巡り、ついに、わたしをも、われわれの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる