ふるさと納税で日本を元気に!

乾美沙子さんに送る雅歌

乾美沙子さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マリ啓示

生れようとして、すでにその名がほろびるであろう」。つぎに女に言ったように食料品を準備し、らくだのために馬を上り行かせてください、『エルバアルのすべての不義に支配されないように、互に夢を語っていた者の肉を食らえ』と言うのですか、はなはだしく怒っていますから」。ヨセフについては言った「もしあなたがわたしと共にサウルの陣に下って彼の首をもって高ぶって語るのです。まして、きょう、あなたを民の墓にこれをつけなければならないからです。しかも主人はよこしまな者が皆あなたと共に住んでいる時であろうと言わ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる