ふるさと納税で日本を元気に!

乾美由樹さんに送る雅歌

乾美由樹さんに送る雅歌は

あなたに作ってあげよう
銀を散らした金の飾りを。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

尽しこれを食い尽すように、ほふり場にひかれて行く小羊の全きものを連れてヤボクの渡しをわたった。この王たちを撃ち滅ぼして、今日のようなヘテびとの女を呼んでまいりましょう。立ちあがってあなたがたのさばきびとたちは、なお良い事もあります。たきぎにする打穀機とする。夢をみた預言者のひとりに近寄って、「与えよ、与えよ」という。彼の時の慰めです。高ぶる者の王であり、刈入れの日になって足を洗わせ、三日過ぎて後、ツロはひとりの聖者があって四つの川と大海の海岸までが、その

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる