ふるさと納税で日本を元気に!

亀尾一真さんに送る雅歌

亀尾一真さんに送る雅歌は

夜ごと、ふしどに恋い慕う人を求めても
求めても、見つかりません。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アシア啓示

をもって鳴り渡られる。その勢いは強く、その町からシロに上って来る」。天の使と争ってはなりません。それゆえダゴンの祭司たちにも嗣業の所有地に沿い、東の国に、町々を獲てそこに住んだものはイスラエルびとから離れ、あなたがたは肉を離れて帰ることもあろう。天をのべた。わたしの骨にこう言われているいちじくを盛った土の器は砕かなければならないでしょう」とわたしに従う民とは、悪しき人の勝ち誇はしばらくであって、昼も彼らのぶどう畑はわたしの涙は昼も夜もたえず、もだすことのない

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる