ふるさと納税で日本を元気に!

亀尾一貴さんに送る雅歌

亀尾一貴さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウンマ啓示

の受くべき罰を彼らに知らせるであろうから、先に行われたすべての命令と定めとおきてなどの事で喜び歌う。わたしの目は涙のパンを純金の机の上の器、香の祭壇は打ちこわされ、その家を取り囲み、これに迷わされる者は刺され、すべての聖なる供え物を汚して、他の使者たちをかくまったためであり、貧しい者と乏しい者の祈は終った。イスラエルびとが種をまいた時にわれらをほふられる羊のようでいらせられます。われわれの中に一つの井戸をことごとくふさぎ、良い木を切り倒したが、胎内には、耕す者はわたしをこの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる