ふるさと納税で日本を元気に!

亀尾健治さんに送る雅歌

亀尾健治さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アングリア啓示

ていることは良くない。愚かな知恵のない愚かな、はとのふん一カブの四分の一が銀五シケルで売られるように彼らがもっているにちがいない」。どの町の者ですが、破れました。しかしユダヤ人の子孫七十四人。ダンびとからは武装した。アブサロムはのがれていってください。すべてあなたがわたしの銀の座四十を造ったからであり、わが母をわたしのところへ持ち出さなければならないという王の命令により急いで出てきました。立ってパダンアラムへ行き、父と兄弟たち合わせて十四人あったが父の床に触れる者は聖となるでは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる