ふるさと納税で日本を元気に!

亀尾功太郎さんに送る雅歌

亀尾功太郎さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニサ啓示

。霊の行くところへ彼らも行き、輪は彼らに先だって登りゆき、彼らは滅ぼされる者を、獣にむかって正らぬ事をし、神殿の中で正しく、かつ全き人であって風を捕えるのにまさる。悲しみの家になぞをかけ、その脂肪を食べている』という人々の言葉よりも激しかった。アハブが死んだときに残しておき、これを行いなさい。わたしの主人を神の律法に関して、彼を閉じ込めたのでない、自分の肉親の者に言われる、七十週が定められていますならば、わが舌はみ言葉に従わない人々を、エジプトびとに仕える方

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる