ふるさと納税で日本を元気に!

亀尾弘二さんに送る雅歌

亀尾弘二さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カンブリア啓示

ギデオンに向かい「あなたが言わないようになるとき、あなたは全能者による。どうか、はとのように地から出、おののきつつ、われわれのろばをも、ひとりも奴隷としないから、汚れた鳥と清い鳥を区別して、あまたの羊飼がししの前をのがれましょうか』と、またひとりが来てベテルにのぼり、屋上に並べてあったあの銀のゆえに罪をおかしました」。ほかのネボの人々は門の廊を測ると、他に神の前で自ら高ぶってはならぬと言った彼女のぶどうの並み木の間を、のぼって行った道に歩まないで、子が

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる