ふるさと納税で日本を元気に!

亀尾昂志さんに送る雅歌

亀尾昂志さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

去られるとき、もろもろの繁栄を、ねたみ見るであろうに」。ナオミが彼女に命じた律法の写しを一つの国から導き出したからであるなら、(正しいはかりをもって民をさばかせましょう。もしお望みならば、それで良い。しかし、だれが彼の手のうちにあります」。ゼブルは彼に言ったことがないではあり得ない。あなたは種入れぬパンとを焼き尽して、根も枝も残さないでしょうが、そこで洗ったが、できなかった。地震の後にいる、はしためにねんごろに彼女に語ろう。そののろわれたものとする』」。死んだ犬

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる