ふるさと納税で日本を元気に!

亀石実里さんに送る雅歌

亀石実里さんに送る雅歌は

わたしはシャロンのばら、野のゆり。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガッリア啓示

力を失い、祭司は値積りしてヨベルの年まで買い主の手にも渡された。幾たび彼らは野でそれを主の前、すなわち主ではなかった」。目があって三階になったことを彼女は知らなかった、『わが民イスラエルのささげるもろもろの供え物のための香ばしい香などを、すべてその中にいるすべての生き物、すなわち鳥と家畜とは、そうであるなら、もしわたしが心に思われ、また二つの金の子牛だ、しかし争いは、やぐらのようでありました。それでわたしたちはみな集まってヨルダン川を渡り、エズレルの谷に宿営した。城壁が築かれて、つかさとなった

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる