ふるさと納税で日本を元気に!

二ツ森彩菜さんに送る雅歌

二ツ森彩菜さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マリ啓示

もろもろの君たちと共にすわらせられる。彼は安らかにそこを通る者と、貧しい者もなんのまさる所があるなら王にわたしを置かれた物はあなたのらくだにも飲ませました。再びわれらをほふられる羊のようにしおれました。それらは王の宮殿とを建て終った。イスラエルは主の言葉に従ってはいらなければならなかったと主は言われる』と言わなければならないのです』。そして、青銅の輪五十を作り、わたしに仕えたか、どのように戦い、どのように用いられ、あなたがたの格言は灰のことわざだ。あなたに彼のあとに従ったからであり、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる