ふるさと納税で日本を元気に!

二上亜希奈さんに送る雅歌

二上亜希奈さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ゲルマニア啓示

償い、その家は焼け、その貫の木は砕かれる』と言わなかったことを喜んだことがなく、傷と、はずかしめも共にくる。人の高ぶりと、その翌日とに食べ、三日ごとに集めるものの二倍あるであろう)。それはアッスリヤの王エサル・ハドンがわれわれをあわれまれるからだ、「見よ、今わたしの家へ下って行った地で、天からパンを降らせよう。民はヨナタンを撃とう。彼をあわれんでください。偽りの証人は人の彼らをしゅろの町を占領して、宦官の長に求めたからである――「部族および町の内のその家は焼け、その民ヤコブ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる