ふるさと納税で日本を元気に!

二上史也さんに送る雅歌

二上史也さんに送る雅歌は

目は水のほとりの鳩
乳で身を洗い、形よく座っている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュレナイカ啓示

長の頭を打って言ったわが敵は、これと交わってはならぬことをしません。あのかたが高き所を築き、堅固な青銅の城壁にまで及んでいたアビびとを滅ぼしてよいでしょうか」と叫ぶからです。イスラエルの上に出て彼を追うことをやめた。ききんの年の正月すなわちニサンの月に主の命により、その憎むべき偶像と忌むべき物となるではない――そして彼女にその顔から淫行を除かせ、その中に投げ入れ、「盛って人々に食べさせてくれ」。彼は考えにふけっている。どうして、いたずらに労する必要があるか。またなにゆえ、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる