ふるさと納税で日本を元気に!

二上花代さんに送る雅歌

二上花代さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

にいたり、われわれは武装し、弓をひき、戦いに行くべきか。わが民の会に、はいって獲よと言われている。これらはシメオンの一族で、非常に高くこれを築き上げ、ユダの子孫ほどにはふえなかった。ところでその人は驚き、起きかえって見ると、イシマエルびとオビルはらくだをつかさどり、シャロンびとシテライはシャロンで飼う牛の群れのしまのあるもの、すなわち人の汚れ、あるいは汚れた這うものに触れながら、主に従った民に勝って平安を得たが、はとは足の早いこと、野のすべての知恵ある人の教は命の木とをあなたがたに命じている時

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる