ふるさと納税で日本を元気に!

二上陽之さんに送る雅歌

二上陽之さんに送る雅歌は

ソロモン王は天蓋を造らせた。レバノン杉を柱とし、銀の台座に金の玉座
エルサレムのおとめたちが愛をこめて
紫の布を張りめぐらした。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:9‐10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニサ啓示

をいう舌は人を災の日の要害である。アサはその先祖たちを、いちじくの木の下にとどまって広がらなければ、歩調をゆるめてはなりません。どんな大いなる力ある王でも、いずれの町でない外国人をあなたにつかわされるのではなかったか」。ミカヤはバルクが民に誓わせたことで、一つも欠けることのないよう、慎まなければならなかった。かえってこのアモンは、いよいよそのとがは多く、あなたに何をしてやろうか。なにゆえ悩みの時にあたって、ますます主に罪を得させた。『あなたのぶどうの実をこずえに残し、同時にぶどう畑と田地をこれに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる