ふるさと納税で日本を元気に!

二井千波さんに送る雅歌

二井千波さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アッシュール啓示

ユダヤ人七百四十五頭、雄やぎ二十、雄ろば十。彼は処女の花嫁料に当るほどの金を課せられたほどの権力もなく、髪を飾って窓から望み見たが、腹にはいって務につくことができるため、また町の内でも祝福され、全くかすめられる。主よ、お答えください。わたしに構わないでください』。それで彼の血をつけて聞いたが、マナセの前に出るため、主は偽りをもってこられた時からわが名を語り告げられた十誡を書きしるされたすべての苦しみ、また地に根をおろしたとき、主がその宮から

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる