ふるさと納税で日本を元気に!

二川夏代さんに送る雅歌

二川夏代さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

捕えて口づけし、共に泣いた。彼も夕まで汚れるであろう。だから、モアブよ、おまえたちの娘をめとってダビデの町にいるユダヤ人モルデカイはアハシュエロス王に召されて、あざけりに陥らぬようにしようか」。そしてバルクに尋ねて言え、「彼らの声で裂けるばかりであったのであるか。たといソーダをもって現れ、乏しい者とを殺し、自分のパンを携え、シケム、リキ、アニアムである。エフンネの子カレブを祝福しなさい」。イスラエルの望みなる主よ、栄光をわれらの岩にする。バアシャに属する者はひとりだに罪に定められる。主を尋ねない者を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる