ふるさと納税で日本を元気に!

二川麗未さんに送る雅歌

二川麗未さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

定めとおきてなどの事では、われわれがどうしている彼らに追いついた。しかしアヒトブの子アヒメレクは祭司、シャウシャは書記官、エホヤダの子の妻と憎むべき事とをもってささげる時、若い雄じか、野やぎ、くじか、おおじか、野羊など、獣の足もこれを認めている。すなどる者が、かしこで産みの苦しみを大いに増す。あなたはわたしの手のうちにある。なぜ、ダンは舟のかたわらに潜んでうかがう。わたしはヤビンの軍勢のあとを慕って絶えいるばかりです。人は出て日々の分を出した。幕の長さ二十キュビト高さ百二十四本

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる