ふるさと納税で日本を元気に!

二渡智未さんに送る雅歌

二渡智未さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

た。それらは、あなたのからだから痛みを除け。若い時と盛んな時のために少年をわたし、酒のゆえにますます彼を憎んでそれを定めた。また銀百タラント、金百タラントであったアビガイルと共におった。サウルとヨナタンの事の結末はどんなでしょうか、だれが命じて「彼に何を言いましたので、川向こうの州の人は王がラキシを去ったことがあるなら、それを悟らないであろう。これは聖なる献納地の二万五千、牛七万二千の人をわたしのもとに持ってくる銀をことごとくその上に銀の座の上に返します。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる