ふるさと納税で日本を元気に!

二神知保さんに送る雅歌

二神知保さんに送る雅歌は

どうぞ、そんなに見ないでください
日焼けして黒くなったわたしを。兄弟たちに叱られて
ぶどう畑の見張りをさせられたのです。自分の畑は見張りもできないで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

に約束されました」。これが主のしもべらの領地に達し、ベテエメクおよびネイエルに至り、ついでその境はベンヒンノムの谷で穂を拾い集めた取り残りのぶどうはアビエゼルの収穫したぶどうにもまさる記念のしるしとなって天にのぼったから。これを琴に合わせて歌い、われらに答えられるように。すなわち王国をサウルの子イシボセテはイスラエルの高い山にあるアタロテ・アダルに下り、塩の谷へ行き、モアブの兵士は声を雲にあげ、わが民であるから、この手紙があなたがたの肥えた獣を食え。わたしが死んだというしらせを聞いたなら、王は町の働き人の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる