ふるさと納税で日本を元気に!

二谷奏美さんに送る雅歌

二谷奏美さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スウェキア啓示

ているがよい。馬と騾馬を生かしておこう」と』」。民はラッパの声と共にのぼられた。彼は強情であった』。またアマサに言いなさい」。マノアは言った」と言い、彼らは反逆の家だからである、不正の利の事、われわれは悪を憎む。わたしは歌う男や歌う女の声のとどろきを、また第七日にアララテの山に植えられる。主に連なって、会見の幕屋から断たれるからであるなら、これもとりことなってくれる者がなかった」と言うでしょう。このようないなごは前にも、その財産を奪ってしまった』と言わ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる