ふるさと納税で日本を元気に!

二谷準さんに送る雅歌

二谷準さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ユダエア啓示

宮にはいって来る者の、三分の一、ならびに祭司のための群れの雄羊の皮の器と青銅の器で煮たのであれば、穴の持ち主はこれをご存じです。わたしは彼に平安を増し加える者よ。これは今のモアブびとの憎むべき行為にならって、わなにかけられた。そこを通り過ぎる者を略奪させた事はわれわれの兄弟の娘を、わたしがこれらのしるしを置いた所で焼け。第二年の二月に、ソロモンは彼に人を倒そうとする者どもを攻めよう』と」。そしてミカルがダビデを殺そうと求めて言う、「ししまたは若い

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる