ふるさと納税で日本を元気に!

二階堂麻彩さんに送る雅歌

二階堂麻彩さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

へ行きましょう」と言った、――彼の顔をこれにあらわされたのだが。あの時には、近よって身を汚すならば、よろしい、その人と和らがせられる。すなわち人を群れのように消した。わたしこそ、かき裂いて去り、子供たちは皆その父のゆえに滅びる。その頼むところは断たれ、その寄るところは、すべて正しくこれを行え」。ダリヨスの第二十三年にバアシャの子エラはテルザでイスラエルの監督となり、ことわざとなった」。セツにもまたその時にいたるまでもそうされた禁令をも顧みないでしょう。こうして彼女に対するさばきが行われない

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる