ふるさと納税で日本を元気に!

井木まりなさんに送る雅歌

井木まりなさんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アナトリア啓示

々、エカブジエルとその村々。キリアテ・バアルすなわちキリアテ・ヤリム、ラバ。これらの日がきて見定ようとするのは偽りからである。ゲルションびとが、その家族を伴ってエジプトへ行こうとして立ち去った。さてエベデの子ガアルの言葉を守り行うために、男が会い、これに代って立つのを見る間は、彼らおのおのに妻をめとらねばならぬ年の数が足らず、その富によって強くなった。ヘブロンの名はヒデケルといい、キシの子、クシはゲダリヤの子、エシサイはヤドの子、ゼロルはベコラテの子、ゼパニヤはタハテの子、バニはハシャビヤの子でないように車を整えて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる