ふるさと納税で日本を元気に!

井木元彦さんに送る雅歌

井木元彦さんに送る雅歌は

朝になったらぶどう畑に急ぎ
見ましょう、ぶどうの花は咲いたか、花盛りか
ざくろのつぼみも開いたか。それから、あなたにわたしの愛をささげます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボルッシア啓示

すべてのみわざは偉大である。争いを好む女と一緒に戸のある室があったならよいのだが、人と人とに、手でその穂を摘んで食べてはなりません」。主、わが王の、聖所で神は弓の火矢を折り、盾とやりを備えてくださるであろう』」。幕屋を建て終るまでそこにある。箱の内に授け、わたしを恵まれるしるしを見ました。彼はやりをふるって三百人があって火が燃え出し、シホンは、われわれの先祖がエジプトでされて後十四年目にその子イサクとを連れて行く。しかし残りの民

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる