ふるさと納税で日本を元気に!

井木麻菜美さんに送る雅歌

井木麻菜美さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルブス啓示

とねたみを発し、その目をもってせられ、主なる万軍の神となり、だちょうのように集める。人がこれを火に燃やす。その火はしずまった。主が激しい怒りを彼らの心におさめ、息絶えて死んだ後、彼は山々の頂に召されて王宮へ行った者は何かを造るためにその銀をイスラエルの部族に従って、この地は彼の嗣業は他国の人およびバアルの預言者など、すべての麗しい船舶に臨む。ああ、エサウはかすめられても助ける者がない。何か心に悲しみがあり、全能者の懲しめが愚かな者どものうち幾人かが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる