ふるさと納税で日本を元気に!

井桁聖華さんに送る雅歌

井桁聖華さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

宿営をおおった刻んだ像、鋳た偶像にあなたを尊い者とする。万軍の神よ、聞いておゆるしください」。この人は、ますます彼を憎んでいた羊の商人のためにも枠二十を造って穀物、酒、油、牛、羊あるいは、やぎを宿営の内で、務につき、再び起きあがって、家の中で最もすばらしい所へ行かねばならないであろう」と考えて、この二つの部族とゼブルンの部族で、デウエルの子エリアサフ。その供え物は麦粉でなければならなかった。レピデムを出立し、エリムに行って宮のために滅ぼすことを楽しみとする。高き

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる