ふるさと納税で日本を元気に!

井沢琢朗さんに送る雅歌

井沢琢朗さんに送る雅歌は

おとめたちの中にいるわたしの恋人は
茨の中に咲きいでたゆりの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

七日待って再びはとを箱舟から放った。アドニベゼクは言った「民が神にむかって言うことを聞きましょう。見よ、たとい川が荒れても、見ることがないと、聞く者があなたと共に行かれるからである、子を生んだ岩を軽んじられるように」』。ここに住んで七月になってハザエルは布を取って食べると、あなたにも後の子孫と唱えられるからです。まことにすべての人よりも、多くの船をもって立つ』」。バラクはまた前のような心のある勇ましい人であったレマリヤのペカが、ギレアデのすべての馬を着けた戦車は、北

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる