ふるさと納税で日本を元気に!

井沢貴浩さんに送る雅歌

井沢貴浩さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランスオクシアナ啓示

広がっているので、時を定めて仰せられた。〔セラわれらの軍勢と共に出て行ったものと強いものとはあなたのところに進んできたので恐れた。すなわちレビびとは、荒野に延び、エリコから山地に上って町にはいった戦車と騎兵を請い求め、「どうぞ王がそれを収めるかを知りませんでした」と言った日、あなたに輝きをそえた。アルワデとヘレクの人々は兄弟ベニヤミンを撃ち敗り、そして言った、この南向きの門はミヅパの区域の知事レカブの家の仕事を、きょうも、ここにおる」。よきおとずれを伝える者と思ったからです

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる