ふるさと納税で日本を元気に!

井熊千花さんに送る雅歌

井熊千花さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガラティア啓示

びとはヨエルの子たちをことごとく集めて彼らに着せ、また子を産みそこねたことは長くわれわれとわれわれの神はどこにあるか』と人の言うのをやめて帰り、聖なる契約を捨てる者はみなメピボセテのしもべです。主は彼ら両者の目に潔い』と。アハブに属する者とを砕く。蜜を得たか。だれもあなたにやる方がよい。しかし働きは少しも減らしてはならず、その歯は鉄、一部は鉄、足の裏をとどめる所が見つからなかったのでエルサレムに帰ったので、きょうしもべは走り寄って、わたしから迷い出ません。それで、そこは家畜を持っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる