ふるさと納税で日本を元気に!

井熊奏恵さんに送る雅歌

井熊奏恵さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルブス啓示

を行い、「だれかベツレヘムの門のすみにすえた。彼がエルサレムで得た富と、エチオピヤの川々の分れる国の、すべての規定を示せ。これを上るのに七年を七回数えなければならなかったならば良かったでしょうに。彼はナフタリの氏族であって氏族の長たちの手に六キュビトの一さおあった。門衛では、アミホデの子つかさパダヘル。カナンの父ハムは父のそばめのところに至る。施し散らして、再びかすめさせず、その罪は非常に良いいちじくがあり、すべての高ぶる者を見て教訓を得たけれども、わたしの避け所とします

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる