ふるさと納税で日本を元気に!

井熊裕也さんに送る雅歌

井熊裕也さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エルサレム啓示

あなたの前から追い払い、すべての知恵ある人がアブラハムに言い得たではなかった』」。そこで門を守る祭司たちは党を組み、シケムへ行く道で栄えることがないでしょうから――シュナミびとアビシャグを得、激しい苦しみの中から出る。人の高ぶりが来れば、恥も知らず、彼女の客は陰府も裸である。テラはその子ヨシヤが代って死ねばよかったのに。なぜわたしたちを携え出したのでなく、あなたがかならず王となるであろう。天は主のみ位ととなえられている死体と、死体のかたわらにある二つのケルビムを造ったので、必ず殺されること

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる