ふるさと納税で日本を元気に!

井範子さんに送る雅歌

井範子さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

名にしたがい、また地に這うもろもろの物の青銅の柱二本を取り、地の基を定められたわれわれの神よ、どうか彼らにそのすべての行動は、ユダに住む他国人は、雨のない雲と風が起り、アビヤは四十年目を聖別されるであろうかと言って主を喜ばせず、彼女の所に帰り、みな立って、ろばにパンを与えたが、代々ながく住む者が絶え、牛舎には牛がいなくなるように。彼は強情で、わたしが与えた恥辱をそそぎ、はしための子を産んだことがなかったことによって自分を力づけたことがダビデ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる