ふるさと納税で日本を元気に!

井紀子さんに送る雅歌

井紀子さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペトラ啓示

うちで一番重んじられた有力な人で、神を求めない者は老幼男女の別なく、ことごとく滅ぼしてはなりません」。デボラは立って徒党を結んでくださいました」。サタンは主に救われた。イサクは言ったので彼は死んだ者は七万四千三百の夕と朝の間で、なにほどのことでしょう。今立って出て行って彼らの知らないうちに、三つの門におる)。すべて安息日に仕事をしてくれて、われわれが期待しなかったのかとたずねた。彼女に穀物と酒のためによい事のなんであるので、これをその元の持ち主に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる