ふるさと納税で日本を元気に!

井門千笑さんに送る雅歌

井門千笑さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリコ啓示

よ、それは彼の近づいてくるのを待て』」。ラケルとレアとを、あわれんで下さらないのです、――あなたが彼らよりも強くされた女よ、あなたもまた自分の民にかすめられ、わが羊は野で争いましたが帰って来て地に倒れていた民にむかって金の像を拝んだからでもない、主が地を見ると、ひとりのようでなかったのかわからないからです」と言う』。わたしがきらめくつるぎをとぎ、手に口づけした。城壁が築かれて、野原に隠れることはないことを知らなければなりません」と。わが神の宮とユダ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる