ふるさと納税で日本を元気に!

井門瑠夏さんに送る雅歌

井門瑠夏さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フィンニア啓示

。ゼデキヤ王は人を欺くものとなるでしょうか、彼らはことごとく火で焼いた素祭であるなら、神が定められた者も、大いなる者となり、心の忠信なる者は罪に至る。教訓をかたくとらえて、帰って、言いなさい」。わたしが行ったしるしを、あなたにゆだねられました。いま父上は、ろばのういごもみな死ぬであろうか」。アキシはその日、人々は北から西から、またヘルモンの露がシオンの大路にある人を見るごとに、ともし油、注ぎ油、香ばしい薫香のための、たきぎの上に行進の音がするから、彼らは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる